読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤマアニ週報

シンガーソングライター、ヤマアニの週報

5/26

酒を飲むとか、スポーツをするとか見るとか、旅行するとか、そういう趣味があったら今とぜんぜん違う生活と人間関係があるのだろう。趣味にするにはハードルが高い。

読書〜今週は読んでいない。

音楽鑑賞〜J Dilla。マイルス「ネフェルティティ」。ディアンジェロヴードゥー」。

創作作業〜先週の続き、いろいろ練る。

放送〜ボサノバおさらいの続き。

5/21

ポルトガル語と英語のどちらを練習するか迷った。ポルトガル語はボサノバを歌う時とポルトガル語を話す人と話す時に使える。英語はアメリカやイギリスの歌を歌う時と英語を話す人と話す時に使える。話す人の多さから英語を選んだ。

それから10年たった。

最初の5年は読みたいものを辞書をひきながら読み、学習サイトでいろんな国の学習者と話した。

そのうち出来具合を試したくなった。TOEICの試験対策を始めた。文法をさらい、単語を覚え、英語の新聞と英語のビジネス誌を読み、iPod英米加豪のラジオを聞いた。

リスニングが苦手だった。どのTOEICの参考書もひたすら聞くことと問題文の先読みを勧めるだけだった。英語の音の聞こえ方と聞き方についてのアドバイスはなかった。英語学科の大学一年生向けの英語音声学の本を読んだ。聞こえ方と聞き方について詳細な解説が載っていた。

一年空けて二度、試験を受けた。二度とも同じ点数だった。一度目と二度目の間、シャドーイングを集中してやった。発音はよくなった。リスニングテストのスコアは下がり、リーディングテストのスコアは上がった。

今も英語の練習を続けている。カナダのラジオを聴き、ネットで面白そうな英語の文章を探し、仕事でアジアの人と話す。TOEICはもう受けないだろう。高望みせず、面白そうなことだけを頼りにして練習を続ける。

5/19

佳き日なり。

iphoneを買って半年。操作にまだ慣れない。短いメッセージにガラケー時代の倍かかる。

読書〜内田さんの本をいろいろ読んだ。中井先生の本とかぶるところが多い。二人とも大学教授時代に神戸で震災を経験した。ダニエル・エヴェレット「ピダハン」を借りた。これから読む。

音楽鑑賞〜J Dillaデレク・ベイリー「バラッド」。Dillaもベイリーも美しい。言葉が貧しいのでそれ以上言うことを知らない。

創作作業〜いろいろなサイトや本を見ながらパソコンをいじった。欲しい音が出ない。あきらめて最小限の知識でいじったらよくなった。パソコンでやる音楽制作は本当に難しい。

放送〜ボサノバのおさらい。

5/12

暑い日なり。友人に女を悲しませる男の話をしたら、思い上がりと言われた。考えが固着したときは誰かにスーパーヴァイズしてもらうのがよい。

読書〜ラカンは入門書でも難しい。フロイトを読んでから再挑戦する。内田樹「修業論」は面白かった。

音楽鑑賞〜J Dilla。Robert Glasper。J-popはほとんどきかない。じぶんはJ-popをやっている。同業他者をきいていない。

創作作業〜シンセベースを弾いて試す。録音したギターを編集してできたフレーズを再度演奏してみる。

放送〜若いお客さんの話に再度驚く。ニコニコ利用者減少のニュースをきく。プラットフォームの変更を考えている。

5/7

連休最終日なり。レッスン先でおいしいコーヒーをいただく。本棚のラインナップに心癒される。生徒さんと歓談しながら女を悲しませる男について考える。帰りに八幡の駅で気合いの入った中古盤屋を発見した。

読書〜ピケティ3分の1まで来て、内田樹ラカンの入門書が割り込んだ。図書館にクルツィオ・マラパルテの政治書があった。アート・リンゼイがインタビューでマラパルテの小説に刺激されたと語っていた。それを豊島区の図書館で借りたのはすごい昔。内容は忘れている。本の内容は10回くらい読まないと覚えられない。中井久夫先生の本はそれくらい繰り返したのが何冊かある。春樹の全小説読んで二か月くらい経った。内容は忘れている。穴に入ることはどの小説にも繰り返されるので覚えている。

音楽鑑賞〜J Dilla関連。落語をやる関西の友人との話に出てきた桂米朝を聴く。

創作作業〜ドラムサンプルをいじり、シンセベースを弾き、できたグルーヴをギターとピアノを弾きながら確認する。前述のソフトウェア問題に海外サイトの記事が役立つ。英語のおさらいもできる。

放送〜楽しいお客さんに恵まれている。若い方の興味深いドキドキ話。ギターのビビり音が直って一安心。

5/3

憲法記念日なり。

読書〜ピケティ継続中。おもしろい。tipsとググりの時代にこれはベストセラーになった。痛快に思う。

「グレートギャッツビー」はピンとこなかった。「中学生からの数学超入門」は難しくてわからなかった。

音楽鑑賞〜Commonの"The light"(トラック制作はJ Dilla)ばかり聴いている。ライムも良し。ボビーコールドウェルの歌もまた良し。

創作作業〜パンデイロよりサンプルドラムの方が面白くなってきた。願わくば制作ソフトがもっとわかりやすく操作しやすくなってほしい。

放送〜いろんな話ができて楽しい。来場者の皆さんに感謝。お客さんは数より質だね。

 

4/30

読書〜前から気になっていたトマ・ピケティの「21世紀の資本」を借りた。本が重い。タイトルが硬い。学術書のつもりで身構えた。「みんな」とか「ガキくさい」という言葉が出てきて驚いた。原書はフランス語。日本語訳は英訳からの重訳。本も音楽も人が寄ってたかって面白くなる。フランス語読めたらいいな。

音楽鑑賞〜J Dilla。放送でやるために「ギンギラギンにさりげなく」。K氏の勧めで竹内まりやの「駅」。

創作作業〜パンデイロ一旦休止。ドラムサンプルを組み立てる。K氏との会話に出てきた男女間の色々なことが作詞のヒントになる。

放送〜このところ来場者が少なく気落ちしていた。常連さんが来て面白いコメントを寄せてくれた。個人的なメッセージをくれる人が何人かいる。その人たちに「あなたは立派な人間ではない。あなたの音楽と演奏は素晴らしい。みんなに聴いてもらえるといい」と言われ納得する。立派ではないということに。